IBM Watson Explorerを利用した コグニティブ プラットフォーム サービス Magic Insight

体験サイト

無料体験サイトご利用方法

申込フォームより情報を入力していただきますと、体験サイトページへのご案内をメールにてご連絡いたします。
サンプルデータ登録済みなので、ログイン後はすぐにご利用可能です。

体験サイトでは、コンテンツ分析マイナーと呼ばれる分析画面を体験いただけます。
Watson Explorerにはデータインポートや、辞書登録を行う管理画面が別途ございますが、詳しくはお問い合わせ下さい。

無料体験サイト申し込みメールフォームはこちら

※本体験サイトでお客様のデータをインポートしたお試しはできません。
お客様のデータを用いた体験やお試し分析は有償でのご案内を行っております。詳しくは弊社営業までお問い合わせ下さい。
※体験サイトは複数の方にて共用でご体験を頂いております関係上、毎晩0時に設定の初期化を行っております。
ダッシュボードのレイアウト設定保存などをお試し頂く場合、翌日0時には初期化が行われますのでご注意下さい。
※体験サイトに複数同時アクセスがあった場合、お客様が行っていないデータ操作がなされたり、システムが自分の意図とは異なる動作をしたりということが発生する可能性がございますので、あらかじめご了承下さい。

ご利用方法(ログイン)

体験サイトにお申し込み後、メール文内にございますURLから右記のログイン情報を入力してログインをお願いいたします。

ユーザID miadmin
パスワード password

チュートリアル(動画)

【分析コンセプト】

大量のデータから新たな気づきを得る

人間では検知できない、新たな仮説や未知の相関を「ファセットペア分析」で導き出します。
ファセットペア分析とは、任意の2つのファセットを指定し、キーワード間の相関関係をAIが自動検出し膨大な量のデータから目的の情報を絞り込み表示させることを可能とします。
ファセットペアの組み合わせを切り替えながら、「ファセット分析」「偏差分析」などで頻度や相関を見て、更なる絞込みを行い、句の構成要素のファセットで頻出する表現の確認し、原文のデータを確認を行います。
体験サイトでは、国土交通省より公表された自動車の不具合情報を取り込んでおり、ここでは実際にリコールに繋がった車種と事象を導き出す分析手法をご紹介します。

サンプルデータ取得元:国土交通省 審査・リコール課「不具合情報一覧」

分析チュートリアル

1. 不具合のある自動車(車種)を導き出す分析を行います

相関値の高いファセットの組み合わせを見つける

相関とは、頻度(件数)とは異なり「Watson独自の数式で導き出した関係性」のことを言います。 ある条件で絞り込んだ特定のキーワードやフレーズの関連性が、全データの時に比べて高いかどうかを数値したものであり、人間では気づきにくい「相関」に注目します。

相関値の高いファセットの組み合わせを見つける

2. 発生時期に特徴が見られるかを深堀りする

発生時期に特徴が見られるかを深堀りする

3. どのような不具合が起きているかを深堀りする

具体的な報告内容の傾向を深堀りする操作

4. 自動車の型式に特徴が見られるかを深堀りする

型式に特徴が見られるかを深堀りする

5. 実際の報告文書を確認する

具体的な報告内容の傾向を深堀りする結果

6. 異なる分析を始める前に検索条件をクリアする

異なる分析を始める前に検索条件をクリアする

その他の分析手法について

ACサービス(Analytical Components)によるテキストマイニングは、さまざまな情報源から多彩な分析機能で、事実だけでなく原因・理由を見つけ出すテキストマイニングが行えます。 magic Insightの特長ページにてACサービス、FCサービスのご紹介をしております。

Magic Insightの特長

ご希望の分析パターンについての操作のお問い合わせはお気軽に以下お問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

Top
eNetSolutions