IBM Watson Explorerを利用した コグニティブ プラットフォーム サービス Magic Insight

ブログ

2019.01.11

初詣へ行きましたか

初詣へ行きましたか

新年あけましておめでとうございます。

今年は、より一層みなさまに楽しんでいただけるブログ記事を更新していけたらと思います。
皆さまにとって、実り多き良き一年でありますよう心からお祈り申し上げます。

今年の初ブログのテーマは「初詣」です。
年明けからの「初詣」を含むTwitterの投稿、約1万件を分析しました。

初詣と言えば

投稿文章中に含まれていた名詞をワードクラウドで表現しました。
この結果を見ることで、初詣に関連してどんなキーワードが注目されていたのかが分かります。
ワードクラウドでは、文字の大きさが頻度の多さとなっています。

ワードクラウドで見る注目キーワード

ワードクラウドで見る注目キーワード

初詣へ行くのは神社ということで、おみくじ・お守り・神宮など神社に関するキーワードがほとんどです。そんな中ライブという意外なキーワードが目立っていますね。


実際の文章を見てみると、ライブの前後に初詣に行っている人が多い様子

実際の文章を見てみると、ライブの前後に初詣に行っている人が多い様子です。
年明けに初詣に行くということは、日本では普通の風習となっていますが現代ではライブに行くということも風習になりつつあるのかもしれませんね。

ちなみに、Watson Explorerのダッシュボードでは様々な表現ができますが同じ結果を別の表現にした場合を一部ご紹介します。

柱グラフで見る注目キーワード

柱グラフで見る注目キーワード

円グラフで見る注目キーワード

円グラフで見る注目キーワード

バブルチャートで見る注目キーワード

バブルチャートで見る注目キーワード

誰と初詣に行くのか

辞書を利用して、投稿文章中から「〇〇と」を抜き出しました。

誰と初詣に行くのか

その結果、初詣は友達と行く人が多いことがわかりました。

今回は初詣についての分析でしたが、テーマパークやショッピングモールなどに誰と行ったかを分析することで、ターゲット層の分析ができるようになりますね。
このように、辞書機能を利用することで、様々な分析パターンを生み出すことができます。

おまけ

おみくじの結果についても、辞書で抽出しました。
めったに出ないと言われている凶が意外と多いですね。
みなさんのおみくじの結果はいかがでしたか?

おみくじの結果についても、辞書で抽出しました。

それでは本年もMagic Insightをよろしくお願い申し上げます。

次回のブログ記事もお楽しみに!!

Top
eNetSolutions