IBM Watson Explorerを利用した コグニティブ プラットフォーム サービス Magic Insight

現在の情報

サービスに関するメンテナンス・障害情報をご案内しています。
タイトルをクリックすると内容をご覧いただけます。

現在の情報

2020年02月23日 06:50 障害 対応完了 3月2日 9:14 金沢第二NDC 障害発生のご報告

お客様各位

2020年02月23日
株式会社イーネットソリューションズ

金沢第二NDC 障害発生のご報告

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

【2020年2月26日 17:00更新】
 2月23日に発生しました弊社金沢第二NDCクラウド障害に関する情報を記載します。
この度は、お客様に多大なご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。
詳細は以下の通りです。

■事象
クラウド基盤で稼働中の複数のサービスにて一時サービスがご利用できない事象が発生。

■障害発生日時
2020年2月23日(日) 6:50

■対応状況
【merisisサービス】 10:06 概ねの対象にて復旧を確認
【merisisサービス】 17:00 個社別検知アラートについて復旧確認
【ActionPassportサービス】 10:00~12:00にて復旧
【SafetyLink24サービス】 10:00~15:00にて復旧
【端末認証サービス】 13:52復旧
【ITパックサービス】 15:25暫定復旧(外部からのメール受信が障害対象)
【スパムブロックサービス】15:25配送のみ暫定復旧
【スパムブロックサービス】2月24日0:30 迷惑メールフィルタ機能復旧
【arGussサービス】 影響なし
【MagicInsightサービス】 影響なし
【MI_Qradarサービス】 影響なし
【SITEFARMサービス】 影響なし
【ActiveAssetsサービス】 影響なし

■原因
クラウドサービス用ストレージシステムにおいてコントローラ部の予期せぬソフトウェアリスタートが発生。
一時的にストレージへのアクセスが行えない状態となりました。
事後調査により、このリスタートはソフトウェア不具合に起因するものであることが確認されました。
(該当設備は2系統の冗長構成ですが、2系統同時にリスタートが発生するソフトウェアの不具合がございました)

■再発防止対応
以下の日程にてストレージソフトウェアの緊急修正適応が完了しました。
本作業に伴い、お客様へのサービスへの影響は発生しておりません。

<再発防止対処メンテナンス実施日時>
2020年3月1日(日)20:00~ 3月2日(月)6:00

■2020年2月26日 17:00
本件に関する障害報告書をご登録担当者様宛てにメールにて送付させて頂きました。

■2020年2月28日 12:00
スパムブロックサービス契約者様向け障害報告書をご登録担当者様宛てにメールにて送付させて頂きました。

詳細
発生時刻 2月23日 6:50
影響サービス 上記参照
障害内容 上記参照

この度はご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
本件に関するお問合わせにつきましては、弊社サポートセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

2020年02月21日 00:29 障害 復旧済み 【merisis】金沢第二NDC 上位キャリア網内輻輳発生のご報告【復旧済み】

お客様各位

2020年02月21日
株式会社イーネットソリューションズ

【merisis】金沢第二NDC 上位キャリア網内輻輳発生のご報告【復旧済み】

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

2月20日(木) 22:00~22:10頃、弊社金沢第二NDCの上位キャリア網内にて大量トラフィック流入により、
一時的に通信が不安定な状況が発生した可能性が確認されたため、ご報告申し上げます。
なお、現在は正常な状態に復旧しております。

詳細
発生時刻 2月20日 22:00
影響サービス 金沢第二NDC
障害内容 金沢第二NDCの上位キャリア網内にて大量トラフィック流入により、一時的に通信が不安定な状況が発生した可能性がございます。
復旧時刻 2月20日 22:10

この度はご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
本件に関するお問合わせにつきましては、弊社サポートセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

2020年02月20日 09:45 メンテナンス 重要 【重要】「FiLEX」大容量ファイル送付サービス終了のお知らせ

お客様各位

2020年02月20日
株式会社イーネットソリューションズ

【重要】「FiLEX」大容量ファイル送付サービス終了のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

この度、お客様にて長期にご利用いただいております「FiLEX」大容量ファイル送付サービスにおきまして2020年6月末をもってサービスを終了させていただく運びとなりましたことをご案内いたします。

Adobe社より2020年末でのAdobe Flashのサポート終了がアナウンスされました。また、各ブラウザベンダーより Adobe Flash の無効化やサポート終了が表明され、Flash技術を使用した「FiLEX」サービスへの影響も2020年以降想定されております。このような背景からサービス終了とさせていただくことになりました。

なお、代替サービスをご希望される際は個別に営業担当よりご提案させていただきます。

本サービスご利用中のお客様におかれましては多大なご不便をおかけすることとなりますが何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

本件につきまして、ご不明な点等ございましたら弊社営業担当及びサポートセンターまで
お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

 

-------------------------------------------------------------

【本件お問い合わせ先】

株式会社イーネットソリューションズ サポートセンター

Tel:0120-65-5058(フリーダイヤル)

Mail:support@enets.ne.jp

-------------------------------------------------------------

2020年02月04日 09:05 障害 復旧済み merisisクラウドサービスノード切り替え発生

お客様各位

2020年02月04日
株式会社イーネットソリューションズ

merisisクラウドサービスノード切り替え発生

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

弊社データセンターでご契約頂いておりますクラウド環境の一部OSにおきま
して、基盤ホストノードの障害によりノード間自動切り替えが発生致しました事をご報告いたします。

詳細
発生時刻 2020年 2月4日(火)  6時48分
障害内容 クラウド環境の基盤ホストノードの1台にてハードウェア障害が発生したことに起因。対象ホストノード上で稼働中であったお客様OSの自動移動が発生。

尚、本障害に伴い、OSは別のホストノード上にて自動復旧をしておりますがホストノード間移動時に1回OSのシャットダウンが発生しております。
※クラウド環境の基盤ホストノードは複数台にて冗長構成が組まれておりますため本障害による冗長性の低下はございませんのでご安心ください。
対応状況

該当のお客様につきましては、個別にメールにて再起動が発生した対象サーバのご連絡をさせていただきました。恐れ入りますが、対象OSの動作確認を行って頂けますようお願いを申し上げます。

この度はご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。
本件に関するお問合わせにつきましては、弊社サポートセンターまでご連絡頂けますようお願い申し上げます。

2019年11月07日 15:11 メンテナンス 重要 主要ブラウザのTLS1.0および1.1サポート終了について

お客様各位

2019年11月07日
株式会社イーネットソリューションズ

主要ブラウザのTLS1.0および1.1サポート終了について

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

ブラウザベンダ各社より、主要ブラウザ製品でのTLS1.0およびTLS1.1のサポートを
2020年に終了する方針が発表されました。各ブラウザ製品でのサポート終了は
2020年1月より順次適用される見込みとなっており、ウェブサイトアクセス時に
警告が表示されるといった状況が想定されます。

ウェブサイト管理者様におかれましては、TLS1.2以降が利用可能な状態であるか
についてご確認いただき、もし利用可能な状態ではなかった際はTLS1.2以降が
利用可能となるようサーバのアップグレードまたは設定変更いただくことを強く
推奨いたします。

以下の環境をご利用され、SSL証明書をウェブサイトに導入されているお客様に
ついては別途対応が必要となります。弊社にて対応をご希望される場合は
サポートセンターまでご連絡ください。
・RedHat Linux 5 もしくは CentOS 5 以前のOSを利用
・Windows Server 2008 (R2含む) 以前のOSを利用

上記以外の環境をお使いのお客様においては、既定でTLS1.2が利用可能かとは
思われますが、対応状況についてご確認いただくことをお奨めいたします。

【TLS1.2対応状況確認方法】
1.以下のサイトにアクセスし、チェックする対象のサイトURL(FQDN)を入力してください。
https://ssltools.digicert.com/checker/views/checkInstallation.jsp

2.「Server Configuration」タブを開き「Protocols enabled」に「TLS1.2」が含まれて
いるかをご確認ください。

 

本件につきご不明な点などございましたら、サポートセンターまでお問い合わせ
ください。

ご確認の程よろしくお願いいたします。

2019年06月27日 13:36 メンテナンス 重要 Linuxカーネルの脆弱性(CVE-2019-11477,CVE-2019-11478,CVE-2019-11479)によるサービス影響について

お客様各位

2019年06月27日
株式会社イーネットソリューションズ

Linuxカーネルの脆弱性(CVE-2019-11477,CVE-2019-11478,CVE-2019-11479)によるサービス影響について

平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
株式会社イーネットソリューションズサポートセンターでございます。

Linuxサーバに対して複数の脆弱性が公表されました。
影響の有無と詳細に関しましては、下記をご確認ください。

■影響
本脆弱性の対象となるバージョンのOSをご利用いただいている場合
サービス運用妨害 (DoS) 状態もしくはカーネルパニックが発生する可能性があります。

■参考URL
【JVN】Linux および FreeBSD カーネルにおけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性
https://jvn.jp/vu/JVNVU93800789/

【RedHat】TCP SACK パニック - カーネルの脆弱性
https://access.redhat.com/ja/security/vulnerabilities/4225311

詳細
対象 以下のOSバージョンが本脆弱性の影響を受けます。

Red Hat Enterprise Linux 7
Red Hat Enterprise Linux 6
Red Hat Enterprise Linux 5
CentOS 7
CentOS 6
CentOS 5
作業内容 対象OSに対し、修正パッチの適用メンテナンスを予定しております。

なお、以下のOSはOSベンダのサポート終了製品となりますため
修正パッチが提供されません。
----------------------------
Red Hat Enterprise Linux 5
CentOS 5
----------------------------
サーバのリプレイスをご検討いただくか
回避策(※)を実施する必要がございます。
ご希望のお客様は、別途サポートセンターまでご連絡ください。

※回避策による対処を行った場合
 正常な通信にも影響を与える可能性がございます。
実施日程 修正パッチの適用にはサーバ再起動が必要となります。
影響のあるお客様を対象に、弊社担当より順次ご連絡いたします。

本件に関して御不明な点などございましたら、下記連絡先までお問い合わせください。

===================================================
株式会社イーネットソリューションズ サポートセンター
TEL: 0120-65-5058
E-Mail: support@enets.ne.jp
===================================================

今後のメンテナンス予定

ただいま掲載する情報はありません。
Top
eNetSolutions